おいしいお茶の淹れ方How To

ティーバッグ型のHISHIWAEN CAFEをおいしく味わうためのポイントをご紹介。ホットからアイスまで、それぞれに合った淹れ方で素敵なティータイムをお愉しみください。

お湯の準備

  • 水のにおいや余分な空気を抜くために、お湯は必ず沸騰させてから使います。
  • お茶はやかんからポット、器へと移すごとに温度が10℃ほど下がります。湯冷ましをすることで、お好みの温度でお愉しみください。

*気温や器の材質などの条件によって変化しますのでご注意ください。

カップでの淹れ方(1人分)

  • ポットから、カップへお湯を注ぎます。
  • ティーバッグ1つを入れて60~90秒ほど静かに待ちます。
  • お湯の中で5,6回軽くゆすってください。
  • ティーバッグの雫は最後の一滴まで落とし切ります。最後の一滴までお茶の旨味が染み込んでいます。水分を残さないことで二煎目をより美味しく愉しめます。

*二煎目・三煎目は、やや高めの80℃~90℃のお湯、待ち時間は約30秒で淹れます。風味や色の変化を味わってみてください。
*玉露は60℃、ほうじ茶は熱湯でより美味しく愉しめます。

急須での淹れ方(2人分)

  • お湯を冷まし、分量を量るために、ポットから湯のみにお湯を注ぎます。一煎目は茶葉がお湯を吸収してしまいますので、やや多めの分量を注いでください。
  • 急須にティーバッグ1つを入れて、湯のみのお湯を注ぎます。
  • 60~90秒ほど静かに待ちます。
  • お茶の濃さを均等にするために、急須から2つの湯飲みに少しずつお茶を注いでいきます。「カップでの淹れ方」同様に、最後の一滴まで注ぎ切りましょう。

水出し・氷出し

  • 冷茶専用のピッチャーやボトルなどを用意します。
  • 水500mlにつきティーバッグ1つを入れます。
  • 常温または冷蔵庫で3時間~半日ほど保存して完成です。
  • 軽く振ってから、お召し上がりください。

*水が低温であるほど抽出に時間がかかります。
*0℃に近い水ほど、お茶の甘みだけを抽出できます。
*玉露のみ100mlにつきティーバッグ1つを使ってください。