お茶は急須で淹れて、湯呑みで飲むもの。これこそお茶の一般的な愉しみ方であり、菱和園もそれをイメージしながら、お茶づくりに取り組んできました。

たしかにお茶は急須と湯呑みで愉しむものですが、それだけが正解でしょうか。紅茶やコーヒーと同じように、ティーポットやマグカップを使ってもいいはず。おいしいお茶を、もっと自由に味わってほしい。そんな想いから、私たちは新たにティーバッグ型のお茶・HISHIWAEN CAFEシリーズをつくりました。

産地・品種・製法が異なる50種類から厳選した茶葉、その香りや風味、味の濃淡を、あなたのスタイルで味わってください。


日常のさまざまなシーンで愉しむこだわりのお茶

おもてなしの場だけでなく、日常のさまざまなシーンに。HISHIWAEN CAFEシリーズ最高級の紺シリーズを、自由なスタイルで愉しんでください。


・菱の誉|¥600
ひしわ園が理想とする“やさしい渋みの奥にある旨味と甘さ”を追求したオリジナルブレンド茶。静岡の遠州森町で日光を遮って栽培した「かぶせ茶」は、爽やかな旨味があります。普段お茶を飲まない方にも人気。
<おすすめの飲み方>
冷ましたお湯70℃~75℃で90秒(濃い目に淹れる)
冷茶:水出し・氷出しで約6時間


・春野町のお茶|¥700
茶どころ静岡の春野町は、標高300m~600mにある産地。冷涼な気候と、山間部の立地を生かした栽培方法は、山茶ならではの涼しげな香り、透明感のある黄緑色、そして程よい旨味と渋みのバランスをつくります。
<おすすめの飲み方>
冷ましたお湯65℃~70℃で60秒(濃い目に淹れる)
冷茶:不向き


・玉露|¥900
覆下園(おおいしたえん)という薄暗い畑で栽培される「玉露」は、独特の香りと強い旨味を持つ日本茶の最高峰。強い甘みと旨味の余韻を味わえる、おもてなしの場だけでなく、毎日楽しみたい方にもおすすめ。
<おすすめの飲み方>
ぬるめのお湯45℃~60℃で90秒(お湯は少なめに淹れる)
冷茶:水出し・氷出し(100mlで1つ)15分~20分

HISHIWAEN CAFE|紺シリーズ

(左)菱の誉|¥600
(中)春野町のお茶|¥700
(右)玉露|¥900

おもてなしの場だけでなく、日常のさまざまなシーンに。HISHIWAEN CAFEシリーズ最高級の紺シリーズを、自由なスタイルで愉しんでください。

 

トップへ戻る